パースピレックスだけでなく、根本的な部分の改善

「遺伝、冷え性疲労」が原因で臭い汗が?

そもそもなんですが、どうして汗と臭いが発生するのでしょうか?確かに人間なら、大なり小なりの汗の量、臭いは起こるとは思います。でも、汗の量がたくさん多いと、どうしても臭いの悩みが出てしまいます・・・。そこで、パースピレックスなどで、汗の量を防ぐのですが、、、根本的な部分で、汗と臭いの原因は一体なぜ起こるのでしょうか?

 

まず、最初に汗は遺伝的なことが要因とされています。つまり、汗が放出されている汗線にはエクリン腺とアポクリン腺の2つが関係してきます。

 

エクリン腺からセル汗はほぼ水分なので、汗特有の匂いは放出されません。それにたいして、アポクリン腺からの汗はタンパク質などを多く含んでいます。雑菌が発生しやすく臭いの原因になるんですね。このあ僕臨戦の量が多いことで、ワキガの要因になります。

 

それからもう一つが冷えによる体温調節が関係してきます。本来は、汗の役割としては体全体の温度を下げるために汗を放出します。そのために、夏などは大量に汗を放出するのですが、体温調節がうまくいかないと、汗の量のバランスが上手く行きません。

 

つまり、外気温と体温に対する汗の量がうまくいかず、機能がだんだん衰えてしまい、いい汗が出てくれなくなります。特に、冷えによる体温調節は、女性に多く、冬の時期でも汗の量が多く放出されるというデータが出ています。

 

そして、疲労によりニオイ物質の発生が関係してきます。さまざまなことが原因で体に疲労が起こります。そこで、血中にアンモニア臭増加し、通常は肝臓で分解、無臭化されるはずの疲労の蓄積でアンモニア臭増加します。健康体の体だと分解をし水分たっぷりのアセイを放出しますが、疲れた汗だとニオイ物質が多く、嫌な匂いの原因になります。

 

これが疲労臭といいます。最近は中年男性だけでなく、女性にも同じような疲労による汗の量が多いと言われています。

 

たしかに、汗の量を減らすために、パースピレックスを服用すれば、解決できますが、根本的な部分として、体温の調節や疲労などを改善することも重要になるかと思います。