手術とバースビレックス

汗の量を減らすバースビレックス

我が日本ではワキガの人が少ないと言われています。これはいいことだと思いますが、だけど、ワキガの人が少ないからこそ、実際に匂いが強い人がいると気になってしまいます。ワキガは別名臭汗症や腋臭症という名前で、特別強い匂いを発する症状であり、どこかが病んでいるといういわゆる病気ではないです。

 

民族ごとのワキガ体質の比率は一般的には黒人が100%、欧米人が70〜90%、日本人は約10%です。かなりの差だと思いますが、この数字を見ると、すごくほっとするような数字です。

 

しかも以外なこと、日本人よりもワキガのカズが少ない国が中国人で、約5%です。

 

 

ワキガと聞くと、かなり悩んでしまいがちですが、手術をする程でもないと考える人もいるはず。ワキガだからといって、決して大きな病気ではありません。周りの目が気になるために、どうしても悩んでしまいます。

 

いっときの間だけでも臭わないようにした良い、明日のデートの間だけでも良いから匂いを抑えておきたい。この少しの間だけでも良いので、臭いを完全に防ぎたいという気持ちがある場合は、パースビレックスの使用をおすすめします。

 

ワキガの原因もアポクリン汗の量が多いことで匂いが強くなってしまいます。この部分を防いでくれるのがバースビレックスですね。汗そのものを放出しないために、臭わないということ。

 

ただし、風呂に入り、体を洗い流せばバースビレックスの成分は洗い流されるために、次に汗を流すと、匂いは現れてきます。そのために、毎回のようにバースビレックスを塗らなくてはいけないというめんどうなことは有りますが、匂いは防いでくれます。