副作用で毛細血管を活発にする

永久脱毛で汗線を拡張する

汗の量が正常よりも多い「多汗症」の原因は、ホルモンや食事、ストレスが関係しています。しかし、普段は多汗症に悩まされていなかったのに、永久脱毛をすることで、多汗症に悩まされる女性がいるそうです。

 

永久脱毛は女性だったら誰しも憧れることだとおもう。
レーザー脱毛やニードル脱毛、フラッシュ脱毛など、様々な種類があります。永久脱毛と言いながら、一度や二度脱毛をしたとしても、何度か生えてきますが、繰り返すことで、徐々に発毛作用が治まるために、永久に生えてこなくなります。

 

特に作用率が高いのがレーザー脱毛で、レーザーを照射する事により、毛穴の内部に存在知る毛細血管、それから毛乳頭を破壊する作用があります。

 

毛に栄養分や水分を与える毛細血管が破壊すると、毛の成長が治まるために、永久に生えてこなくなるわけですね。

 

レーザーやフラッシュを行うことで、永久脱毛の効果はあるのですが、照射することで副作用が起こることがわかっています。それが、2種類の汗線である「エクリン汗線、アポクリン汗線」の拡張です。

 

エクリン汗線が拡張することで、汗の放出する量が増えやすくなります。なおかつアポクリン汗線は、ワキガの嫌なニオイの原因です。

 

 

そのために、もし永久脱毛で汗の量が増えた場合、対処法の一つとしてパースピレックスを利用することで、汗の量、ワキガを予防することができます。

 

使用する事により、汗腺にフタをする事が出来るので脇汗対策に効果的です。