少しの心がけでも変わるもの

汗のことを考えた服装

気候に合わせた洋服
季節にもよりますが、出来るだけ汗の量やニオイのことを考えた複勝を心がけています。でも、ひどいた沖は、わきから大量の汗が染みだしてきて、下着から上着まで汗が浸みこんできます・・・これが本当に恥ずかしいし、、、においがきつくなるのです・・・。そのために、着る服もちょっとしたこだわりを持たないと、、、出来るだけ白い服はNGかな・・・だって、汗が浸みこむと目立つし、次第にしみ込んでしまい、黄色くなってしまうのです・・・これはヤバイ、ハズカシイのものです・・・。

 

出来るだけ真夏の暑い時期や湿度が高い梅雨の時期、過ごしにくい気候のために、肌に密着しないようにゆったりとしたサイズの半そでや半ズボンを選び、体温の上昇と発症を防ぎたいものですね。

 

こういった心がけをしておくことでも、全然違うと思います。一方で、晴れて気温が高い夏の季節などは、たとえ暑くても長袖を着て、紫外線を予防する、ダメージを防ぎつつ、暖房や冷房によって外気温と室内温度佐賀が夏至炒め煮、汗をかきやすに、ニオイも強くなるために、少しの手間をかけるようにしているわけですね。

 

本とちょっとしたことなんですが、微妙に変わると思うので、心がけるようにしております。