冬でもパースピレックスは必要です。

冬は大丈夫???

脇から大量に飛び出してくる「悪い汗」・・・臭くてたまらないのですが、夏の暑い季節になると、どうしても大量に出てきます・・・。しかし、気を付けておかなくてはいけないのが、ニオイの汗や大量の汗は夏だけでなく寒い季節である冬でもワキから臭い汗が排出することもあります。

 

どうしても冬は寒いために汗をかきにくいというイメージが強いです。しかし、冬でも十分に汗はかきます。自分自身ではなかなか自覚しないのですが、気温が下がることで、体温を維持しようと、急激に基礎代謝の量が上がります。すると、室内に入ると暖房や運動などで温まることで、きゅうな刺激により汗が出やすくなり、しかも汗腺の量が多くなります。

 

すると、しだいに嫌な臭いニオイを大量に放出してしまうのです・・・。

 

不思議なもので、体の汗腺は、気温が低くなると一部分は休暇に入ります。しかし、移動したり運動することで、汗腺への負担が過大になることで、汗の中のミネラル、つまり塩分が血管に戻り、再吸収されます。

 

季節的に夏だったら、わきや体から放出される汗はサラサラなんですが、冬の場合は同じ汗でもドロドロで、この汗から嫌なドクドクトとして臭いニオイが出てくるわけです。

 

そのために、ニオイや汗の要路減らすためにもパースピレックスを季節関係なく利用することが凄く大切になるわけですね。