酒や肉で臭いが変わる

食事にどれだけの意識をするか

多汗症やにおいを防いでくれるパースピレックスですが、汗本来のニオイを予防することはできないために、普段の食生活をどれだけ意識するかが重要になると思います。

 

日本人よりも欧米人のほうがニオイがキツイと言う話をよく効きますが、この原因としては食生活に大きく関係してきます。「肉や乳製品」など食べ物をが汗のにおいと深い関係があり、毎日のように大量に食べたり、飲んだりすることで、胃や腸で吸収され、そこから腎臓にわたり、アンモニアなどのにおい成分にかわります。

 

そして、ニオイの成分が血液に吸収され、そこから汗腺に取り込まれ、体臭の原因になるわけです。特に、30代以上になると、同じ肉や乳製品など、動物性脂肪を食べる量は多くても、30代になると、腎臓の動きが鈍くなるためんい、代謝が悪くなり、ニオイの原因になってしまうそうです。

 

そこで、普段からどんなものを食べるかにより体臭や汗腺が大きく変わってくるのですがやはり関係してくるのが「肉、乳製品、アルコール」になりますね。

 

特に冬などは、飲酒の機会が増えるために、どうしても肉やアルコールを大量に食べ、肝臓で代謝され、そこから血液、汗腺に切り替わります。2〜3週間後に、汗として出てくるために量が多ければ多いほど、体臭など嫌なニオイに変わってしまうわけです。

 

加えて、カロリーの高い料理やなべ物など内側から体を温めて発汗を即するため、相乗効果で臭い汗となってしまうわけです・・・。

 

そのために、できるだけ肉やアルコールだけでなく、野菜などバランスよくとることが重要になると思います。