ワキガの予防のために

汗の匂いを防ぐ

どうして脇のニオイは臭いのでしょうか?
誰しも人間なら汗を書きますが、この汗が”くさい人””無臭な人”にわかれます。

 

どうして?

 

脇の下には普通の汗線の他に、アポクリン腺という汗の腺があります。この部分が汗の匂い、つまりワキガと密接に関係してくるのですね。

 

汗の線に、アルカリ性の汗を出しますが、遺伝により、アポクリン腺が発達している人がいます。ようするに、ニオイがきつい、ワキガの人になります。

 

白い服を着ていると脇の下の部分が黄色くなっている人は、ワキガ体質の可能性があるために注意が必要です。
どうしても、ワキのニオイが強い人は、自分自身では気づかないと言われています。毎日のように同じニオイを嗅いているために、慣れてくるわけですね。

 

そのため、黄色い汗をかいているときが判断の材料になると思います。

 

アルカリ性の汗が出て、時間が立って雑菌が着くと匂いを発するので、汗をまめに拭くことでワキガ対策の一つになると思います。

 

つまり、できるだけ汗をかかないことが大事になるわけですね。
パースピレックスの役割も、汗の量が多い部分に軽く塗るだけで、乾燥し汗の放出を防ぐことで、大量の汗、それからニオイを予防してくれるわけなんですね。

 

そのために、多汗症やワキガの症状に悩んでいる人におすすめ。

 

 

しかし、色々調べると、ワキガに悩んでいる人って、以外に日本ぐらいだそうです。
逆に、ワキガをフェロモンと捉える国もあるんだそうです。

 

そこまで気にしすぎるのは良くないかとは思いますが。