プロバンサインは白い粉が出ない

手の平に大量の汗を書いてしまう・・・この悩みに

多汗症の悩みを改善するためにパースピレックスを使っています。

 

とくに私の場合はワキに大量の汗をかくため、風呂にあがった後に塗るようにしています。

 

パースピレックスの有効成分に水酸化アルミニウムが含まれているために、汗の成分と混ざり合うために、物理的に汗腺の奥にフタし、汗を出にくくしてくれる。

 

これがほんとうに有り難い効果。
多汗症の悩みを和らげ、ニオイの原因も抑えてくれる。

 

 

ただし、私の場合はワキの部分が大量に汗をかくことで利用しているのですが、他の人では「手の平」が多汗症で悩む人もいます。
手の平の多汗症にパースピレックスを使う

 

そんな人がパースピレックスを手のひらに使うとどうなるのか?
実は、たしかに効き目はあるそうですが、どうしてもパースピレックスの場合は、先程も少し話したように汗腺の奥にフタをすることで、汗の量を抑えてくれます。

 

たしかに、手のひらでも効き目がありますが、汗とパースピレックスが結合することで、白い粉が現れるために、少し違和感を感じる人もいる。

 

 

とりあえず汗の量は抑えることができるのですが、多少の違和感は残ってしまう・・・。

 

そこで、「手の平や顔、首」など、目立つ所に汗をかきやすい場合は、パースピレックスよりもプロバンサインが「白い粉」に悩むことなく、汗を抑えることができると思います。

 

 

私は一度も使ったことが無いのですが、パースピレックスと同等に利用している人が多く、プロバンサインの場合は汗の根源であるアセチルコリンという物質の作用を抑える効果があります。
手の平の多汗症にパースピレックスを使う

 

そのために、プロバンサインの薬を服用することで、体全身の汗の量を抑えるためにパースピレックスのようなクリームを塗ることなく、白い粉など心配がありません。

 

 

 

パースピレックスは汗を減らす効果はあるけど、白い粉が出るので目立ってしまう・・・
そんな人にはプロバンサインを一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

プロバンサインの詳細について>>