Tシャツの色でワキ臭がわかる

ワキガ体質のTシャツの色

ワキガに悩んでいなければバースビレックスの名前なんて知るひつようもないし、もちろん使うこともないと思うのですが、親からDNAや食事の影響など、様々なことが関係することで起こってしまいます。

 

毛深い人ほど脇毛の量が多いために、男性や女性関係なく起こると言われています。脇毛が多ければ毛根も多いので、アポクリンセインのカズも多い傾向があります。アポクリンセンから出る汗は黄色や茶色がかかっているので、白い下着を繰り返し長く着用していると、汗のシミで黄ばむことが有ります。

 

ようするに、白いTシャツを着ていても、脇の下が黄ばんでいなければ、ワキガではないということになります。例え親がワキガだったとしても、さほど悩まなくて良いということ。つまり、脇の汗の量が多くてもイコールワキガではないということになります。

 

アポクリンセンおかずが多く、また働きが活発であれば汗の量も増える。ただし、Tシャツが白くても、汗に粘り気がある場合は要注意で、匂いが強い人もいるので、毎日のように風呂に入り脇の下を有ること。どうしても気になる場合はバースビレックスを欠かさず利用することになります。

 

あと、当たり前のようなことですが、食事にも心がけたいところです。動物性脂肪はアポクリンセンや皮脂腺の働きを活発にすると言われていますので、出来ることなら肉や脂っこい食事は控えたいところ。肉中心ではなく、野菜中心で、栄養バランスを心がけたいところです。