脇のニオイの予防にパースピレックス

脇汗を抑えるメカニズム

パースピレックスの効果として汗の量を抑えることで、悩みである臭いを改善してくれます。

 

まず、どうして汗が放出すると”嫌なニオイ”が出てしまうのでしょうか?
この部分から追求していきたいと思います。

 

汗にも2種類あり「ニオイのない汗」と「クサイ汗」があります。

 

1つがエクリン汗線と言い、こちらは汗の99パーセントを占め、ほとんどが水分です。そのためにニオイは無臭です。

 

もう一つが、アポクリン汗腺で、塩化ナトリウムが含まれているため、これが原因で嫌なニオイを放出してしまいます。とくに塩化ナトリウムは、男性ホルモンの量により、変わるために、思春期の前後で嫌なニオイが強くなるとされています。

 

そこで、汗の量だけでなく、ニオイまでも予防してくれるのがパースピレックスになります。

 

他のページでも説明したように、汗の量が多く放出される所にパースピレックスを塗ることで、主成分である塩化アルミニウムが水と反応するため、フタをしてくれます。

 

汗が放出する角栓の部分にフタをするため、汗の量が中断し、ニオイの心配がなくなります。

 

パースピレックスの主成分はケラチンと一緒に角栓にフタをする仕組みになるため、皮膚にダメージを与える心配もありません。